• edopiano

子供のピアノコースについて

子供のピアノコースについて、新たにページを作成しました。

特に導入期のレッスン内容について、使用している教材など紹介しております。


幼児からスタートされる場合には、数年前、日本に上陸したばかりのピアノアドヴェンチャーという教材を使っているのですが、こちらの教材は、CD音源に合わせて弾けるようになっていて、楽しく勉強でき、大変好評です!


クラッシックの有名作曲家の曲を、CDに合わせて、簡単に弾けるようにアレンジされていたり、民謡、ジャズやブルースなど、いろんな曲が盛り込まれていて、たくさんの音楽経験を積むことができます。


CDに合わせて弾くメリットは、テンポ感が養われること。

1曲1曲に、最適なテンポ=速さがあり、CDの速さ、その曲にとってベストな速さで弾けるように完成させるということは、とても重要です。


自分勝手な速さで弾くことはできないので、拍の長さがきちんとしたリズム感が養われます。(弾けないところは遅く、弾けるところだけ速く弾く、、、ような、おかしな演奏はしないということです!)


また、CD音源との、ちょっとしたアンサンブル経験にもなるので、いずれ合唱の伴奏をしたり、他の楽器と合わせてアンサンブルしたりする時に、他の音を聴きながら、それに合わせて弾けるようにしておくことは、大切な音楽能力となります。


以上、幼児期のレッスン内容だけご紹介しましたが、小学生から始めたり、他の教室から移動してくる子もいますので、その子に合わせた教材を使っていきます。


しかしどんな教材を使おうと、根本的なレッスン内容は同じです。

私の理想とする、ピアノ演奏に近づいてもらいたいので、生徒全員に対して、そのように指導していくからです。


他の教室から移動してきた子の中には、強弱をはじめ、スラー、スタッカートの弾き方など指示すると、今まで細かく指摘されてこなかったのか、嫌悪感を示されることも、笑


しかし、嫌がられようと?!こちらが折れることはありませんので、根気強く、言い続けます。

ただ音を並べて弾けただけではダメだということを、子供ながらに、だんだん理解してくるようで、次第に、私のレッスンに慣れてきます。


出来ていないのに、褒めることはしませんし、どちらかというと、スパルタかもしれません。

楽しさも、もちろん大切ですが、何事も、上達するには、楽しいだけではやっていけないのです。


このような考えのもと、ピアノレッスンを行っておりますので、共感して頂ける方からの、体験レッスン、ご応募お待ちしております。


子供のピアノレッスンについてはこちら→子供のピアノコース








閲覧数:99回0件のコメント